top›信用情報センターっ何?

信用情報センターっ何?

<広告>

<広告>

信用情報センターとは、消費者の個人信用情報(契約内容、返済状況など)を管理し、企業からの照会に対して、この情報を提供する機関です。

つまりあなたが消費者金融にキャッシングの申し込みをすると、審査があり、その結果しだいで融資額などがきまるわけですが、その審査の際に会社側が「あなたの他社からの借り入れ状況は?」と確認するのが信用情報センターです。

消費者金融、銀行、信販などの各業態で個人信用情報機関は設立されています。消費者がクレジットやローンを利用するとき、企業は過剰融資を防止する判断材料のひとつとして、この個人信用情報を利用しています。

例えばAさんがある消費者金融からお金を借りたとします。Aさんはまた別の消費者金融から借り、また別の消費者金融から借りる。これを繰り返しているといつかは借りられなくなります。

なぜでしょう?各消費者金融の会社が自分の会社の信用情報だけをもとに審査を行っていたらこの人は消費者金融の数だけお金を借りることができます。これができないのは信用情報センターに情報があるからなのです。

各個人信用情報機関では、消費者からの求めがあれば、本人の情報を開示していますから、消費者は、自分の情報がどのように登録されているかを確認することができます。

開示された情報について、本人が訂正・削除の申し立てをすると調査がおこなわれ、登録内容が間違っている場合には、訂正・削除されます。

この信用情報機関は現在4つあり、延滞、貸し倒れ、破産など事故情報(ブラックリスト)の情報交換を行っています。各機関とも本人の情報に限られますが、個人の登録内容の開示をしてくれます。

全国の窓口、または郵送でも受付けています。気になる人は各機関のホームページ(下記)で申請方法などを確認してみてください。

■全国信用情報センター連合会 (消費者金融系)

■シー・アイ・シー (クレジット系)

■シーシービー (外資系)

■全国銀行個人信用情報センター (銀行系)

<広告>

<広告>