top›利息制限法

利息制限法

<広告>

<広告>

「利息制限法」とは、文字通り利息を法律で制限して、金融会社に「これ以上高い金利をとってはいけないよ」と法律で金利の上限を定めたものです。

「利息制限法」の超えた金利に対しては民事でその超過部分としては無効とするとなっています。

じつはこの「利息制限法」と対立する法律があって、「出資法」というのですが、おかしなことにこの法律でも金利の上限に定めがあるのです。

しかも利息の上限が「出資法」では29、2パーセントなんです。

「利息制限法」と「出資法」の金利上限の差をグレイゾーンと呼び、数々のトラブルを巻き起こしております。

<広告>

<広告>