top›契約書を読まないで印鑑をついてしまった

契約書を読まないで印鑑をついてしまった

<広告>

<広告>

契約書を読まないでハンコをついてしまった。あなたにも経験あるのではないでしょうか。

契約書というものは、大抵あ~でもないこ~でもないと難しい法律用語で細かく書かれています。そこで言われるがままに名前とハンコだけ押してしまうことがよくあります。

なるべく、大きな金額の取引の場合や少しでも怪しく感じた取引の場合はよく読んでみてください。ヤミ金などは小さな読めないような字で、口約束と違う金利で契約書を交わさせます。また酷い場合には裏の大事な契約内容を書いていたりもしますので要注意です。

少しでも違和感を感じたら、その場で契約せず家に持ち帰ってよく吟味してからハンコは押しましょう。

怪しい契約書の場合、家に持ち帰るといったら相手が少し動揺するかもしれません。よくそこも観察してみてください。 また、逆に契約書を交わさない取引も疑ってかかってください。

クレジットカードで現金化のページで言ったように、証拠が残らないため被害のの立証が難しくなってきます。証拠が残らない取引ではいくら優秀な弁護士を雇っても被害額を取り返すのは難しいです。

<広告>

<広告>