top›法外の金利をとる

法外の金利をとる

<広告>

<広告>

法外の金利をとるというのは、出資法の規定に違反した契約であり一般的に年利29、2パーセント以上の金利をとる悪質業者のことを指します。

出資法に違反すると、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金をとられることになります。つまり年利29、2パーセント以上の法外の金利をとるということは犯罪なのです。

このような業者は、いわゆるヤミ金といわれ、無認可のまま貸金業を営業している場合が多いです。海千山千のヤミ金は、法外の金利をとるだけではなく様々なトラップ(罠)をしかけれいる場合が多いです。

法外の金利をとるなどの法律に違反した業者からの借入れは絶対にやめましょう。

もし今の借入先がヤミ金かもしれない人は弁護士に相談してみましょう。

<広告>

<広告>