top›返済方法・返済方式の違い

返済方法・返済方式の違い

<広告>

<広告>

○元利均等方式

毎月の返済額を一定額に設定し内訳(借入れ元金部分に対する支払額とその利息のみを変化させる返済方式。住宅ローンなどの高額ローンに用いられる事が多い。

メリット;
毎回の返済額が同じなので、長期にわたる返済計画が立てやすい臨時に繰り上げ返済をして支払利息の軽減をすることもできる

デメリット;
返済当初は利息の返済にあてられる割合が大きく、元金が減るペースが遅い

○元本均等方式

借入元金を返済回数で割った均等額と、借入元金残高をもとに計算した利息額を合計した金額を毎月の返済額とする返済方法。支払回数に応じて毎月の支払額が減っていく仕組みになっている。

メリット;
毎回、一定額の元金を返済していくので、「元利均等返済」に比べて、ローン残高が確実に減り、トータルで支払う利息が少ない

デメリット;
当初の返済額が大きく、返済負担が重い

○分割払い方式(アドオン方式含む)

借入元金に金利と期間をかけて計算した元金と利息の総額を、返済回数で均等に分けて数回で返済する方法

メリット;
支払利息は返済回数の多少にかかわらず一定で、リボ払いよりは計画的に返済しやすい

デメリット;
表面利率より実質金利が高く、返済期間が長いと返済総額も膨らむ繰り上げ返済しても効果がない

○リボルビング方式

利用件数・金額に関わらず毎月の返済金額を一定額に設定して支払いを行う返済方式の総称。支払額の算出方法によって更に細分化されます。

メリット;
返済額は毎月固定なので、負担感が少ない

デメリット;
通常の分割払いよりも手数料率が高く、借入元金が多く返済期間が長いとその分負担も大きくなる

<広告>

<広告>